腰が反ると危険!アブローラーで腰が痛い場合の対処方法

アブローラーで腰が反ると、腰痛を引き起こす恐れがあります。腰が痛いという方はトレーニングのフォームを見直して、安全に腹筋を鍛えましょう。

 

頑張ることと無理することは違う

まず大前提として、頑張ることと無理することは違います。いくら高い負荷をかけても体が耐えられなければ本末転倒。怪我をしてしまうと筋トレも出来なくなってしまいますし、プラスになることは全く無いでしょう。

 

安全に留意しつつ、長期的に筋トレに取り組むことが体つくりの秘訣。腰が痛くても頑張るという姿勢は素晴らしいとは思いますけど、根性論で頑張っても怪我をしたら元も子もありません。

 

正しいフォームを身に着けて、腰回りの筋肉を増やしながら強度を上げていきましょう。

 

腰が反るフォームを改善するためのポイント

 

立った状態から行うアブローラーを無理に行っても、腰が悲鳴を上げてしまいます。フォームが崩れてしまうとそれに見合った効果が得られないので、上記の動画を参考にアブローラーの正しいフォームを学んで下さい。

 

膝を付いた状態でも、正しく腹筋に刺激を入れられれば十分過ぎる負荷が得られます。腰が痛くなる場合は可動範囲を狭くして、その中でしっかりと腹筋を意識するようにしましょう。

 

どの程度まで可動させると腰が反るのか、痛みが出るのかを認識しておくことが大切。自分の限界を知ることで効果的なトレーニングが出来るはずですよ。

 

⇒腹筋が割れるアブローラー比較ランキング